冥府ノート

人生の備忘録

11月ニュースまとめ

トランプ大統領、アジア歴訪】

 アメリカのトランプ大統領は、ミサイル実験で問題の北朝鮮への圧力の協力、不公平な貿易の是正の呼びかけを目的に8日〜13日の約1週間で日本、韓国、中国、ベトナム、フィリピンの5ヶ国を訪問しました。

最初の5日〜7日は訪日し初日はゴルフを楽しみ2日目は安倍首相と日米首脳会談、天皇皇后陛下と面談、北朝鮮拉致被害者の家族と面会といった流れの中で北朝鮮に対しての日米韓の連携を確認しました。

韓国では7日に米国基地を訪問、文大統領と首脳会談を行い8日は国会で演説しました。7日の夕食会で韓国は慰安婦を招待したり竹島付近のエビを独島エビとして提供し日本では問題になりました。つい先日、日本では日米韓の連携を確認したばかりなのに...

8日〜10日は訪中し、習国家主席紫禁城の視察や首脳会談を行いました。Twitter規制がひかれている中国訪問中でのトランプ大統領のツイートは話題になりました。

10日にベトナムのダナン市で開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、慢性的な貿易の悪用を是正し公正な互恵的貿易をするよう各国首脳に向け演説し、11日にチャンダイクアン国家主席と会談しました。

12日、フィリピンの首都マニラ市で開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)50周年式典に出席し、13日にドゥテルテ大統領と首脳会談を行いました。ドゥテルテ大統領は麻薬取締について否定的だったオバマ前大統領を批判しましたがトランプ大統領ドゥテルテ大統領を自国を最優先する同志だと評価しました。

この約1週間のアジア歴訪でトランプ大統領北朝鮮への圧力での協力、貿易の是正を訴えましたが、各国に対して八方美人的な面もあり核心的な事がつかめず各国では戸惑いもあるみたいです。

 

税制改正(案)の調整】

政府は来年度予算に向けて税制改正の調整に入りました。

所得税

給与所得控除の上限額を220万円から188万円程度に引き下げ、基礎控除額を38万円から50万円程度に引き上げられます。年収800万円〜のサラリーマンは増税。その他のサラリーマンに関しては減税になりそうです。

配偶者控除及び配偶者特別控除

配偶者控除の条件に「世帯主の年間の合計所得金額が1000万円以下」が追加され高所得者は控除がなくなります。また配偶者の年収要件の上限額が引き上げられたので適用範囲が拡大しました。つまり高所得者は損ですが主婦は今までより働いて稼いでもいいってことになります。

・森林環境税

市町村の森林整備の財源にするために創設する「森林環境税」は1人あたり年1000円になります。個人住民税に上乗せされて徴収されます。

法人税

3%以上の賃上げを行う企業の課税所得に対する税額の割合を20%台半ばまで下げる。最新設備などに投資する企業は追加の税優遇も検討しています。

また支社や工場など恒久的施設を持たない海外企業への法人税は原則その国で徴収されていましたがAmazonなどの通販業者の倉庫も対象に含まれることになりました。

・タバコ税

2018年(10月)、2020年、2021年にそれぞれ1本1円増税。ちなみに2019年は消費税増税を鑑みての対応だそうです。

田舎の低所得サラリーマンの私にとってみればかなりおいしい話かなと思います。

 

都市銀行、自動化により業務削減の方針】

大手都市銀行の4〜9月期連結決算が出揃い今後の経営方針について発表されました。

三菱UFJ銀行

4〜9月期連結決算は純利益が前年比28%増の6269億円。

2023年までに全従業員の1/8にあたる6000人の削減を予定。また520程度ある店舗のうち70〜100店舗を無人かつセルフ型の機械化店舗に転換する予定。

三井住友銀行

4〜9月期連結決算は純利益が前年比17%増の4201億円。

業務の自動化をすすめて2017年度末までに100万時間の業務量を削減し、今後3年以内に300万時間の業務量を削減する予定。

みずほ銀行

4〜9月期連結決算は純利益が前年比12%減の3166億円。

2026年度末までに19,000人の人員削減する予定。また店舗の統廃合により100店舗を削減する予定。

どこの銀行も人員削減して自動化を進めるみたいですね。たしかに伝票書くだけでかなり手間だし自動化になれば嬉しいです。

 

角界を揺るがす日馬富士暴行事件】

 鳥取市内の飲食店で横綱日馬富士が貴乃岩を暴行したということが判明し貴乃花親方は鳥取県警に被害届を提出しました。

事件当初はモンゴル人力士らが飲み会をしていた時に貴乃岩が携帯をいじっていたことに激怒した日馬富士がビール瓶で殴って怪我をさせたと報道されていましたが、その後この騒動の関係者の証言には食い違いが出てきました。

貴乃花親方「ビール瓶で殴られたから貴乃岩の頭が割れた」

日馬富士「素手で複数回殴った。ビール瓶では殴っていない」

貴乃岩「目をつむっていたからわからないが固いもので殴られた」

白鵬関「激昂する日馬富士を止めて別室に連れて行き落ち着かせた」

照ノ富士「止めに入ったら突き飛ばされた」

貴乃岩の兄「弟から電話で理不尽に殴られたと聞いた。誰も(白鵬も)止めてくれなかったと聞いた。

旭鷲山「貴乃岩から電話で灰皿やリモコンで殴られ頭を縫い片方の耳が聞こえず頭蓋骨にヒビが入っていると聞いた」

貴乃花旭鷲山の話は不正確だ」

旭鷲山モンゴル語Facebookを書いたのをテレビ局が翻訳してるからおかしくなっている」

日本相撲協会「貴乃岩は重症」

鳥取県警察「貴乃岩の健康は異常なし」

医者「骨折などの診断は疑いがあるだけ」

鳥取県警「ビール瓶では殴らずリモコンで殴った」

もうね、金田一くんかコナンくん呼びましょう。まぁなんにしろ日馬富士が貴乃岩を殴って怪我をさせた事実に変わりはありません。

私が気になるのはこの騒動での貴乃花親方の一連の動きです。

貴乃花親方は鳥取県警に被害届を出したことを協会に報告していませんでした。本来は巡業部長として巡業中のトラブルは報告の義務があります。また協会執行部からの呼び出しについて断ったりと横綱審議委員会は怒りの声をあげていました。

世間では「日本相撲協会理事選を見据えての行動じゃないのか」や「ただ警察に任せているだけでしょ」など色々な憶測が飛び交っておりました。

その後、日馬富士横綱としての責任を感じ引退を表明し事件は収束しました。

 

長野県の繁華街「権堂町」

 

本日19時頃、長野県の権堂町に行きました。

 

f:id:meifu1818:20171124220653j:image

 

権堂町は長野県随一の繁華街で本日は華金です。

 

さぞかし賑わった様子なんだろうと思いきや...

 

f:id:meifu1818:20171124221122j:image

 

写真は権堂町のメインストリート権堂アーケードですがあまり人歩いてない。

 

f:id:meifu1818:20171124221331j:image

 

町のシンボルで明治4年長野県誕生を祝して始まった暴れ獅子「勢獅子」もなんだか寂しそうです。

 

f:id:meifu1818:20171124221620j:image

 

権堂アーケードを善光寺方面に歩くと「秋葉横丁」と言われる石畳の小路があります。

 

f:id:meifu1818:20171124221814j:image

f:id:meifu1818:20171124221838j:image

f:id:meifu1818:20171124221854j:image

 

私、個人的に田舎のこんな寂れた細い飲屋街が大好きなんですが、ここもあまり人気がない。

 

f:id:meifu1818:20171124222142j:image 

f:id:meifu1818:20171124222200j:image

f:id:meifu1818:20171124222228j:image

 

飲食店はかなりあるんですが、どこに行っても人気がないぞー

 

f:id:meifu1818:20171124222447j:image

f:id:meifu1818:20171124222502j:image

 

ちなみに過去に殺人事件や連続放火事件が発生したことから権堂アーケードでは監視カメラが500mおきに12台設置されています。

 

風俗店や客引き行為の摘発もすすみ権堂町は昔の勢いをなくしたのかもしれません。昔を知りませんが

 

f:id:meifu1818:20171124223138j:image

f:id:meifu1818:20171124223200j:image

f:id:meifu1818:20171124223219j:image

 

正直言って、長野駅前の方が賑わってるように感じるのは私だけでしょうか。

 

ただ今回、権堂町に行ったのは19時頃ということもあり夜は始まったばかりです。

 

権堂町の夜は23時を過ぎてからなのかもしれないし、今度リベンジしたいと思います。

 

群馬県前橋市に行ってきた

 

11月上旬ごろに群馬県前橋市に行ってきました。

 

目的は世界遺産富岡製糸場に行くことだったんだけど、それだけじゃ寂しいし県庁所在地に行けば何かあるだろってことで前橋市に行くことにしました。

 

前橋市は人口約33万人の中核市です。群馬県で1番多いのかと思いきや高崎市は約37万人と前橋市の方が人口少ないんです。

さらに前橋市までは新幹線で向かっていたのですが前橋駅に新幹線は止まらず、高崎市高崎駅から両毛線という在来線で行かなければいけません。

 

この時点で「前橋市って栄えてる?」と少し違和感を感じたんですが県庁所在地というポテンシャルを信じていざ前橋市へ。

 

ここからは分野別に前橋市を見ていきたいと思います。

 

★★★

 

【経済】

新前橋駅から県庁方面に向かって歩いていたんですが東証一部上場企業の本社がたくさんありました。

 

種苗の研究、生産、販売を行う農業関連の総合企業「カネコ種苗株式会社」

f:id:meifu1818:20171111232611j:image

 

帝京大学板橋キャンパス等の建設に携わった建設会社「株式会社ヤマト」

f:id:meifu1818:20171111232922j:image

 

地方ゼネコン「佐田建設株式会社」。後ほど紹介する群馬県庁やアーツ前橋を建設しています。

f:id:meifu1818:20171111233421j:image

 

群馬県地方銀行群馬銀行

f:id:meifu1818:20171111233539j:image

 

大企業の本社が集結しているあたり、経済の中心といっても過言ではなさそうです。

 

【行政】

群馬県庁です。地上33階建の高さ153.8mの群馬県内で1番高いビルです。

f:id:meifu1818:20171111234344j:image

 

入口の前には群馬県のマスコットキャラ「ぐんまちゃん」の石像がありました。かわいい。

f:id:meifu1818:20171111234625j:image

 

群馬県庁の33階は展望台になっていて県内を見渡すことができ、「利根川」や「赤城山」を見ることができます。

f:id:meifu1818:20171111234753j:image

 

また前橋市役所、地方裁判所地方検察庁、地方法務局等がありこのあたりは群馬県の官庁街でもあるようです。

f:id:meifu1818:20171111235239j:image

 

【グルメ】

群馬県の郷土食である焼きまんじゅうを「原嶋屋総本家」でいただきました。食感は饅頭ですが味は煎餅みたいな感じです。ボリュームもあり結構美味しかったです。

f:id:meifu1818:20171112000336j:image

 

【観光】

当時の群馬県知事、楫取素彦によって迎賓館として建てられた「臨江閣」

f:id:meifu1818:20171112002636j:image

 

昭和でレトロな「弁天通商店街」です。独特の雰囲気からドラマ等の撮影地としても使われているみたいです。

f:id:meifu1818:20171112000741j:image

 

商店街を歩いていると個性的なお店がたくさんありました。でも廃業も多いのかシャッター街になりかけですね。全国どこの商店街も同じでしょうが。

f:id:meifu1818:20171112000853j:image

f:id:meifu1818:20171112142430j:image

f:id:meifu1818:20171112142455j:image

 

商店街の真ん中あたりには弁天通商店街の名前の由来になっている弁天様が祀られている「大蓮寺」があります。

f:id:meifu1818:20171112001829j:image

 

近くを流れる「広瀬川」の景色は風情があって良いですね。時期によっては夜にライトアップもしているみたいです。

f:id:meifu1818:20171112001643j:image

 

【文学・アート】

詩人の萩原朔太郎前橋市出身ということで、朔太郎の原稿等の資料を有する「前橋文学館」です。

f:id:meifu1818:20171112001226j:image

 

 「アーツ前橋」というミュージアムにも行きました。収蔵品の展示はもちろん、ミュージアムショップやカフェも併設されていました。

f:id:meifu1818:20171112001400j:image

 

★★★

 

さて、ここまで前橋市内を歩いて散策してみたのですが感想としては「思ってた以上にショボかった」ですね。

 

経済と行政の中心ではありそうですが観光地もこれといってなければ繁華街もない。その上、コンビニさえも少ないように感じました。

 

「県庁所在地は栄えてる」ってイメージが崩れさりましたね。高崎市の方が栄えてるんじゃないかと。

 

あと実は、もともと県庁は高崎市にあったみたいなんですね。

 

流れでいうと

 

明治4年高崎市の高崎城で県の執務開始

2ヶ月後兵務省が高崎城を接収

前橋市で県の執務開始

明治6年群馬・入間合併で熊谷県発足。熊谷県で県の執務開始

明治9年群馬県成立。通達では高崎市に県庁を置くとあったが高崎城は陸軍が使用していたため前橋市に仮庁舎を置く

前橋市で本格的な県庁舎誘致に向け活動。建築費用等多額のお金を下村善太郎等有力市民が寄付を申し出る

明治14年太政官布告により前橋市に県庁舎が置かれる

 

 

当然、高崎市民も反発したらしいけど願いは叶わず、良いのか悪いのか結果的に前橋市に県庁が置かれることになった経緯があるみたいです。

 

今後の群馬の為に今からでも県庁舎は高崎市に移転した方がいいような気もしますが前橋市のことも考えて不思議な町もあるということでまとめておきましょう。

 

ガンバレ!グンマー!