meifu1818

冥府人の経済ノート

人生の備忘録

コインチェックの闇に金融庁が突入捜査

 

⚪︎金融庁、コインチェックに立入検査

仮想通貨の取引所「コインチェック」から日本円で約580億円相当のNEMが流出した問題を受けて、コインチェックは顧客に対して「全額日本円で補償するが、返済のめどはたっていない」と発表していました。

これに対し、金融庁は本当に顧客の補償を企てる資金があるのか、財務内容を早急に調べる必要があるとして、本日朝8時からコインチェックに立入検査を行いました。

流出の騒動から、金融庁はコインチェックに業務改善命令を出して事情を聞いていましたが、説明内容に納得がいっていなかったようで、コインチェック側からの詳しい報告を待たずして立入検査を行いました。

 

⚪︎コインチェックのコメント

インチェックの広報担当の人は、この立入検査に対して「真摯に対応します。返金のめどはたってませんが、自己資金で補償できるということには変わりはありません」とコメントしています。

 

⚪︎世間の声

・被害対策弁護団はコインチェックに対して現金の払い戻しや仮想通貨の引き渡しを求める訴えを2月中旬にも東京地裁に起こす

・コインチェックは被害者なのに加害者のように扱われていて、なんか気持ちが悪い

・コインチェックはクライマックスか...

 

⚪︎まとめ

インチェックは資金を「持っているのか、持っていないのか」や「なぜ返金のめどが立たないのか」といった気持ち悪い謎をはやく解明してほしいです。納得のいく発表に期待したいです。