meifu1818

冥府人の経済ノート

人生の備忘録

「裁量労働制」って何?

 

さて、巷で話題ですが、国会では働き方改革法案で裁量労働制の対象業務の範囲拡大を断念する方針を固めました。

長時間労働が問題視される中、厚生労働省のデータがあまりにもずさんであり、このデータを使って説明してきた裁量労働制の拡大はとても理解が得られないという安倍さんの判断です。

ところで「裁量労働制」とはどんな働き方のことをいうのでしょうか。

 

⚪︎裁量労働制とは

Wikipediaにはこう書かれています。

労働者は実際の労働時間とは関係なく、労使であらかじめ定めた時間働いたものとみなされる。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/裁量労働制

つまり、労働時間を実労働時間ではなくて一定の時間としてみなす制度のことです。

この一定の時間は労使間で決めなければいけません。

また、この制度は出退勤時間に定めがなかったり、実労働時間に応じた残業代も発生しなかったりという特徴があります。なので残業代の出る「フレックスタイム制」や会社があらかじめ残業時間を設定する「みなし残業制」といった制度とは別のものと考えてください。

 

⚪︎メリット

・時間をコントロールできる

・手段や段取りを自分で決めることができる

 

⚪︎デメリット

・実労働時間とみなし時間がかけ離れている

長時間労働が蔓延する

 

⚪︎業種

この制度が適用される業務には2種類あります。

【専門業務型】

研究開発、取材・編集、デザイナー、弁護士、税理士、中小企業診断士公認会計士、テレビのプロデューサー、などなど

【企画業務型】

現場の生産に関わらない企画や事務、などなど

 

⚪︎世間の声

・今のグレーな残業制度をなくしてきちんと裁量労働制を認めましょうってのが今回の法改正の意義じゃないの?

ブラック企業の為の法改正だ

裁量労働制には生産性の向上というメリットがあるのに悪いイメージを植え付けられてる

裁量労働制ってたいてい自分の裁量じゃないだよね

 

⚪︎まとめ

 とりあえず安倍さんに反対してる人達はほっといて、個人的に残業代出ないのは同じなら裁量労働制を認めて、ある程度の自由が欲しい。